Dream Regime,Tokyo 2005
この「夢」の体制のただなかに住むものたちが、「ムーゼルマン」や「ジャンキー」に似ているのだとしたら、それは、錯乱する「人間」と、
いまや「要塞」と化した「身体」との境界域に群れなす人物たちのーつまり自身のー貌と言葉を描き出そうとしているからにほかならない。

Dream Regimeー夢の体制, Tokyo 2005

構成・演出 清水信臣


出演/Performers(解体社)
熊本賢治郎・日野昼子・中嶋みゆき・青田玲子・雨宮士郎
Guest Performers
Mikyoung Jun Pearce(Korea/UK)
Rebecca Woodford-Smith(Wales,UK)
Salman Oraibi (Bahrain)
Matt Beere(Wales,UK)
Elena Polzer(Germany)
Olivia Crang(Australia)
笛田宇一郎

Staff
舞台監督/三津久
照明/河合直樹  (有)アンビル
演出助手・映像・通訳/新井知行
振付/日野昼子
音楽・音響/落合敏行
映像/秦岳志
舞台美術/飯田幸司
舞台写真/宮内 勝
制作/秦岳志 丸岡ひろみ
制作助手/杉谷美香 岸本あずさ 秦かおり
宣伝協力/原田徹
宣伝美術/栗林和夫(Kuri+Graphic)
協力/山下陽子 野元良子 村岡秀弥 遠藤司 海藤オフィス 突貫屋 (株)アンテナ
主催
劇団解体社
共催
国際交流基金
助成
財団法人セゾン文化財団
Wales Arts International