劇団解体社は「セリーヌの世紀」連作を通して、20世紀の贖罪山羊(スケープゴート)たるルイ=フェルディナン・セリーヌの文体/身体/音楽/神経/人体を賭け金に、来るべき「証言の演劇」に取り組んできました。今作ではセリーヌの錯乱的反ユダヤ主義パンフレ『虐殺のためのバガテル』を起点としつつ、さまざまな証言の身体が残した、耳障りなる証言群の行き交う劇空間を構築します。言語から放擲された人体と、その場所に命じられてある肯(ウイ)の証言。「セリーヌの世紀」の否認が進行する現在に響き渡る、虐殺の哄笑。塹壕のなかで大笑いする人体言語へ、ご来場お待ちしております。

Through the series of 'The Century of Céline', Gekidan Kaitaisha has worked on 'the theatre of testimony', focusing on the style /body /music /nerve /live-human(jin-tai) which belongs to the scapegoat of 20th century itself, Louis-Ferdinand Céline. In this work, starting from "Bagatelle pour un Massacre", which is Celine's deranging anti-semitism pamphlet, we will construct the piece in which the other various abominable testimonies go thorough. The live-human which the language rejects and where the affirmative testimonies are absolutely inevitable. Now the denial of "the Century of Celine" going on, the loud laughter of massacre is echoing here. We are waiting for your visit toward these live-human-language, which is brutally laughing at the center of 21th century's trench.

日程/Schedule
2018年
3月/22日 [木]・23日 [金]・24日 [土]
29日 [木]・30日 [金] ・ 31日[土] 
開演/Start
各日 20:00
※受付開始は開演の30分前、開場は開演の15分前です
会場/Space
左内坂スタジオ (東京・市ヶ谷)LinkIcon
チケット/Ticket
3,000円
※劇場の構造上、客席数が限られております。お早めに、必ずご予約下さい。
予約・問い合わせ/Booking
web専用予約フォームはこちらから→LinkIcon
*予約開始は2月4日(日) 0:00です。
E-mailでのご予約はこちらのアドレスから→LinkIcon
※件名に「人体言語 観劇予約」とお書きいただき、お名前、ご観劇日、枚数をご記入の上お送り下さい。
・Phone/Faxでのご予約・お問い合わせは、03-6674-1290(解体社)

構成・演出/清水信臣

出演/Performers
熊本賢治郎
日野昼子
中嶋みゆき
Jonathan Giles Garner
石井康二
矢部久美子
毛利綾花
森澤友一朗(ピーチャム・カンパニー)
杉浦千鶴子(ラドママ・プロデュース)

スタッフ/Staff
振付/日野昼子
テキスト監修/森澤友一朗 
照明/河合直樹 (有)アンビル
音楽・音響/Jonathan Giles Garner
映像・技術監督/鈴木宏侑
宣伝美術/Studio Terry "overground"
制作/森澤友一朗
協力/青田玲子 Alexandra Rutter 赤岩和美
[舞台写真]宮内勝
主催/劇団解体社

助成/Support
芸術文化振興基金

flyer_front.jpgflyer_front.jpg

flyer_rear.jpgflyer_rear.jpg